blog index

FT-BLOG

http://www.f-turf.net
<< ワムブログ〜田中剛騎手VS江田照騎手 | main | ガチョン指数の秘密 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ワムブログ〜競馬好きの為のライブドア講座
私は元証券マンでして得意分野が株式公開業務でした。今回の騒動で自殺した元証券マンと同じ職種でした。
今回のライブドアの騒動は大なり小なり「よくある事」で株価操作はしてはいけないのですが、しないと大変な事になるのも事実なのです。それは一つのIR活動として私はノウハウだと思ってましたが、今回の騒動で明確に反省です。

粉飾決算は論外ですが、株と云う物は『材料』の出す『タイミング』で株価を大きく上昇させる事があります。もし、私がホリエモンと働いていたら同じ様な事をしてたかもしれません。。。証券マンを辞めて正解だったと痛感しています。

株に興味の無いかたは???ですよね。
競馬に置き換えると例えば種牡馬の種付け料を株として私なりに解説します。

クロフネ株が1株100万円と仮定します。

「クロフネ産駒がフサイチリシャールが朝日杯FSを勝ちました」がクロフネ株の人気を呼ぶ『材料』になります。
その翌週に
「クロフネの種付け権利を売り出しました」が『タイミング』になります。
材料とタイミングが合えば誰でも買いたくなります。クロフネ株は急騰して200万になりました。
また、その翌週に
「クロフネ産駒フラムドパシオンがダートで信じられない大勝」
『材料+タイミング』で大人気してる時に新たな『材料』出現は大相場になりクロフネ株は500万になり短期間で5倍になりました。

と、こんなイメージで株は『材料』をだす『タイミング』が重要なのです。

ライブドアはその『材料』を自ら作り作為的な『タイミング』で出したのがライブドアの戦略でここまではギリギリセーフだったのですが、粉飾決算がアウト。先のクロフネ株の例で言うと八百長してクロフネ産駒を勝たせたと同じ事なのです。

冗談で記念に買った大井競馬場でのホリエモン単勝馬券。ライブドアの株券より価値がある様なそんな気がします。




| ワム | 日記 | 03:26 | - | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 03:26 | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://f-turf.jugem.jp/trackback/29
一から初めるブログ
こないだの話です!日記の書き方ってこんな感じで良いんですか?どう思うぅ?あたしだけかしらネ…
| 初めましてなブログ | 2006/01/21 3:27 AM |
今駅前にいるんだけど〜
| 19歳二人組みです | 2006/01/21 3:34 AM |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

bolg index このページの先頭へ