blog index

FT-BLOG

http://www.f-turf.net
<< 新年初鬼 | main | ワムブログ〜田中剛騎手VS江田照騎手 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
白夜行
ドラマ関連ばっかりで申し訳ないんですが、今回もドラマの話です。

今日、もうすぐ始まる『白夜行』
東野圭吾作品の最高傑作として名高いミステリー小説が原作です。(私は『秘密』の方が好きだけど)
巻末の解説にも書いてありますけど、二人の主人公からの目線を一切描くことなく、まわりの出来事、人物の心理描写のみで主人公の内面を浮き彫りにしていく手法は圧巻です。
文庫本としてはありえない800ページ超えの作品ですが、ぜひ1度読んでみて下さい。
最初は本の厚さに驚いて、序盤は普通の刑事ものっぽさに飽きてきますが、だんだん続きが気になって仕方なくなってきます。
私は今までに3回読んでます(笑)

原作は文句なしに面白いんですが、原作の面白さとドラマの面白さが、比例するとは限らないのがドラマではよくあることです。
今回のドラマは、原作とは違った捉え方をしたいと、プロデューサーっぽい人が言ってました。
それが思いっきり凶に出そうな気もしますが、セカチューコンビの活躍に期待です。

PS
古畑任三郎の最終回は普通っぽかったですね…
2年後くらいに古畑リターンズが放送されそうな予感です。

第1回目感想。
こんなこと言ったら失礼かもしれないですけど、予想外に面白かったです。

質屋のおじさん殺人事件に関しては、原作では徐々に真犯人を読者に匂わせていくパターンなんですが、ドラマではいきなり犯人判明でした。
この辺、原作未読の人にはちょっと可哀相かな…

ドラマでは、原作では描かれなかった二人の視点でストーリーが進んでいくんでしょうねー
罪を背負ってくれた雪穂を幸せにするために、亮司はこれからの人生全てを捧げていきます。

あそこまでセカチューっぽさを出さなくてもいいのに・・・と思いつつ、これからに期待大の第1回目でした。
でも、子役の女の子がもう出番無さそうなのが残念。
あの子の演技には凄く引き込まれました。
| ルカ | 日記 | 20:35 | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 20:35 | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://f-turf.jugem.jp/trackback/27
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

bolg index このページの先頭へ